スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤちゃん!

すくすく元気に育ってくれたゴーヤちゃん。
葉を茂らせ事務所を涼しくしてくれて、またたくさんの実をつけて私たちを喜ばせてくれました。

25-8-31.jpg

25-8-31①

しかし、もう枯れてきています。
ゴーヤの季節が終わるんですね。
窓を開ければ、緑が見れて自然に癒されていたかも・・・。
グリーンカーテン、来年は我が家も試してみようかな。

by tkym
スポンサーサイト

配慮されたデザインじゃね!

消火器

よ~く考えられた消火器BOX

<strong>アドベンチャーワルド</strong>パンダ

 アドベンチャーワルド  (和歌山)で、ジャイアントパンダ に出会いました


by1034
 

広島のお盆

いよいよお盆ですね。
実家に帰ってお墓参りという人も多いのではないでしょうか。
広島のお墓参りには、『盆燈籠』が、かかせませんよね。

tourou

てっきり他県にもある風習だと思っていたので、
県民の変わった風習を紹介する某テレビ番組で紹介された時は
驚きましたね。
Wikipediaさんによれば、香川県中西部にもあるみたいです。

こういった、地域ならではの風習を大切にすることが
先祖を大事にすることにつながるのではないでしょうか。
風土に合った行事、習わしを存続させるのも子孫の役割である
と考えられます。
同時に、それを現代に合わせたものにしていくことも重要だと
思いますが、なかなか思いつかないものですよね……

東広島市の西条の町も発展をしながら、酒蔵を守り続けて
いければ良いのではないかと私は思います。


※盆燈籠とは…『竹を六角形のアサガオ型に組んだ物に、赤・青・黄などの色紙を貼って作る。』
参照:Wikipedia/盆燈籠より
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%86%E7%87%88%E7%B1%A0

by いの

現場

暑い日が続きます・・・
今日は東広島市西条町の現場です。
軒の出

最近の新築ではこういった軒が広くて深いものは少なくなりました。
軒が極端に短い家もたまに見かけます。

軒の出2

軒や庇は風雨から建物を守ってくれる重要な役割を担っています。

「住まいは夏を旨とすべし」とは徒然草の中で吉田兼好が記した言葉です。
人の住まいは夏に重点をおいて考えなさいと解釈されています。

夏は日差し・湿度ともに高く、それらを和らげるために日陰をつくり風通しを良くすることが重要です。
逆に冬は高度が低くなった太陽が直接外壁や縁側を温めるようでなければなりません。
2つをクリアするものが広くて深い軒だったのです。

最近の建物は高気密・高断熱ですから、無理に軒を広く深くする必要はありません。
24時間換気と空調機器によって家の中は快適さを保つことができます。
でもたまには、窓を開け風鈴の音を楽しむのも良いのではないでしょうか。

エアコンがなかった時代の、先人の知恵はやはりすごいと思います・・・


by トム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。