スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場

暑い日が続きます・・・
今日は東広島市西条町の現場です。
軒の出

最近の新築ではこういった軒が広くて深いものは少なくなりました。
軒が極端に短い家もたまに見かけます。

軒の出2

軒や庇は風雨から建物を守ってくれる重要な役割を担っています。

「住まいは夏を旨とすべし」とは徒然草の中で吉田兼好が記した言葉です。
人の住まいは夏に重点をおいて考えなさいと解釈されています。

夏は日差し・湿度ともに高く、それらを和らげるために日陰をつくり風通しを良くすることが重要です。
逆に冬は高度が低くなった太陽が直接外壁や縁側を温めるようでなければなりません。
2つをクリアするものが広くて深い軒だったのです。

最近の建物は高気密・高断熱ですから、無理に軒を広く深くする必要はありません。
24時間換気と空調機器によって家の中は快適さを保つことができます。
でもたまには、窓を開け風鈴の音を楽しむのも良いのではないでしょうか。

エアコンがなかった時代の、先人の知恵はやはりすごいと思います・・・


by トム


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。