スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営事項審査

皆さまはあまりなじみのないこととと思いますが、建設業では毎年このような審査を受けます。

経営事項審査

「経営状況、経営規模、技術的能力その他の客観的事項」について、数値化されて、評価されます。
ここで受けた評価は公開され、今後1年間の工事受注に影響します。
審査を受けていなければ受注できない工事もあります(公共工事では必須!です)。
客観的な評価として信頼されるデータになるんですね~。

中身は詳細にわたり、それゆえに申請する側もたくさんの資料が必要で…

またも書類の山に囲まれてアップアップです

kimi
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。